オーラとは、写真で撮ることが出来る、エーテル体、アストラル体、メンタル体、コーサル体

 

オーラとは【オーラ写真による診断】

Home  |  アセンション  |  シルバーバーチ  |   オーラ  |  UFO  |  神社  |  八つの法則  |   古代文明  |  まがたま

 

意識レベルを上げるとオーラが輝く

オーラ写真撮影

平成16年9月18日、大阪は天満にあるエル大阪にて第1回のスピコン(スピリチュアル・コンベンション)大会がありました。 朝一番に入場しましたが、もう会場は人々で埋まってしまっていて、歩くのも大変な状態でした。 

受付を済まして直ぐのところにあったのが【オーラ写真撮影機】。 このオーラ写真撮影機は、まるでおかちゃんが小学生の頃に写真屋さんが記念撮影にと学校まで来て撮ってくれた、三脚もがっちりした写真機とそっくり。 


写真機から、コードが二本出ており、手の形をした金具に終端しておりますこの手の形をしたところに右手、左手とそっと添えるのです。 これはかの有名な計測器のメーカー 米国ヒュウレット・パッカード社製でパテント物なのだそうだ!  おかちゃんは半信半疑だったのですが、通常価格6,000円というところをスピコン特別価格の2,500円の格安価格に目がくらみ、この【オーラ写真】を撮ってもらった。



本音を言わせていただければ、「かなり怪しい、ほんまかいな?」、「人間のオーラなんて撮れる筈がない」と疑っておりました! ところが、オーラ写真がプリントされて出てきたものを見てびっくり仰天!!


おかちゃんの顔の周り、約40センチ位までぐるりっと、ピンク色、それから卵型がしっかり、くっきりと写っていたのでした。 係りのひとが「これは、すごーーい、綺麗に撮れておりますねエー」と感心しておりました。

ジャ、ジャヤーン

 

そのオーラ写真を公開いたします。

 

 

良く見てくださいね、おかちゃんが写真の下半分にぼんやり写ってます。

体の周り30センチ〜50センチにわたってピンク色に見えるのが 

オーラです。

 

オーラで診断が出来る、オーラは「過去」、「現在」、そして「未来」が分かる (?)

オーラを良く見るといろいろな情報をあらわしているようです。 ちなみに上のおかちゃんの写真からは以下の診断がくだされました。

  • おかちゃんの本人から右側に見える色が「過去」をあらわしている。 良く見ると 「青」です。 この意味するところは:

    世間はあなたを静かで平和的な人として見ている。 一般的に言って、あなたは他人をなだめ、静かで観照的なところがある。 統一と誰かに所属していることが大切である。 

    青は従順で感情が深く、ゆったりとした感性と感情移入を示している。 人々は貴方をトラブルの無い滑らかな海の静けさ、という風に見ている。

     

  •  おかちゃんの頭上にある色が「現在」の貴方を一番良くあらわしている。 良く見ると「黄色」と「緑色」です。 この意味するところは:

楽しさを含めた同情、理想主義、治療、そして教えが現在の貴方を一番良くあらわしている。 貴方は人生に対してまじめにゴールとか理想を抱いており、人類に対しても生まれつき同情心を持っている。 

しかし働いている間、人生を楽しみたいと思っている。 貴方は利発で機敏で何時も新しいアイデアに興味を示す。 興味のある新しいテーマに出会うと、それに関するあらゆる本をむさぼり読む!!

 

  • おかちゃんの本人から左側に見える色が、未来をあらわしている。 良く見ると 体に近いほど 「紫外色」。 分秒、あるいは何時間、又は何ヶ月かでその色の持つ意味が現実となる。

貴方は多分非常に気が動転しているか、深い幻想の世界を経験しているかの、いずれかである。 (トホホ) 

さらに次のように続きます:

貴方は真実新たしい時代の子供である。 近い将来、貴方は多分「精神的灯台」になるだろう。 それはこの世に新しい生き方、考え方を人々に伝える明かりである。 精神的発展が貴方を待っている。 貴方の左側に見える紫外色は、限りない精神的知識を示す。 貴方は無数の慈悲深い素質を持つエネルギーに出会うだろう。 そして貴方は貴方の思想を多くの人々と分かちあうだろう。

 

オーラとは潜在意識の表れともいわれております。 人間の意識と意識レベルはこちらです。

 

平成17年8月7日(日)にほぼ一年ぶりにオーラ写真を撮ってもらいましたら、、、

なーーんと 大変身しておりました!!

 

平成16年10月10日(日) 作成

 


Home  |  アセンション  |  シルバーバーチ  |   オーラ  |  UFO  |  神社  |  八つの法則  |   古代文明  |  まがたま

特定商取引表記  | リンク  | お問い合わせ  | プロフィール

 

Copyright © 2001-2009 Koichi Okada. All rights reserved