Sun Gazing

太陽凝視

     
     

Photo:

Sunrise on December 13th 2010 at Iwaki-city Fukushima.

 

Sun Gazing 太陽凝視

我々は子供のころから、両親、先生、医師そして科学者達から太陽を直接見る行為は盲目になるとわれたものです。 そして、この言葉を忠実にまもりとおし、なるべく、太陽を見ることを避けてきたのが、いままでの人々だったと思います。

サンゲイジング(Sun Gazing)太陽凝視は文字どおりに太陽の注視の行為を言います。 実は太陽凝視は、人間にとっても最も有益な行為の一つであり、太陽を凝視をすることで、物質的、精神的、スピリチュアルな向上を達成することが出来ます。 健康に役立つばかりか、貴方の意識レベルを劇的に上げる作用もしてくれます。

 
 

エジプトの遺跡から発掘されるタブレット・粘土板、太陽が描かれています。

 
 
 
 

日光浴により人間力・意識レベルを向上

日光浴をすることによって、人間の本来もっている脳の力を使うことができるということが科学的にも立証されてきております。 日光浴により、脳の中にある「松果体」が活性化することが主な理由のようです。

我々は日光の悪影響ばかりに注目し、それをあたかも敵であるかのように避けようとしています。 しかし、実際のところ人間の様々な困難は日光エネルギーの不足によるものが多いんです。  さらに驚くことに、日光を見つめることにより人間が必要なエネルギーをとることが出来て、結果的には食べることが必用でなくなるそうです。 裸足で地面の上を直接歩くととても健康に役立つといわれておりますが、これも間接的に太陽の恩恵を得ることなのです。 つまり地球に吸収された日光のエネルギーを地面からも得ることができるからです。

太陽光を浴びること、そして太陽を凝視するとであなたの意識レベルの向上に役立ちます。 まずは、あなたの意識レベルを知ることから始めてみませんか?

日光浴と月光浴バランスが大事です

 
 
 
 

松果体(Pineal Gland)

松果体(しょうかたい、英語:pineal body)は、脳にある小さな内分泌器。 松果腺 (pineal gland) とも呼ばれています。 脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれている。「松果体」は脳の中心部、目の真裏に位置しています。 松果体は概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌することで知られる。光の影響を受けて、睡眠サイクルをつかさどる、
メラニンを分泌しています。

第三の目

人間に隠されたパワーを開くものは、松果体の利用「第三の目」というのは松果体のことを示しているのです。 「魂の玉座」とか「覚醒」とも呼ばれています。 そして、意識が変化、変容することで、いままで隠されていた秘密の次元がアクセス可能になるということです。

 
 
 

松果体

「秘密」という言葉は英語では「Secret」といいますね。 これにアルファベットのeをつけて「Secrete」−「分泌」 読み方はシクリートとなります。 なんとなく「秘密」そして「分泌」、漢字の字もよく似ていると 思いませんか?

松ボックリに似ている松果体、古代シュメールの銅版にもちゃんと描かれています 。 古代の人々はこの松果体についてちゃんと知っていたのでしょう。

 

 
 

太陽を食べる男

8年間、水分と日光だけで生きていると主張するインドのヒラ・ラタン・マネク氏(64・写真)がこの度NASAに招待され、彼がどのようにしてそれを成し遂げているかを紹介することになったとのこと。

 

太陽凝視するラタン氏

ヒラ・ラタン・マネク氏はケララ南部に在住する機械エンジニアで、1992年から断食を開始し、1995年にヒマラヤに巡礼に出かけた帰り道から断食をスタートしたという。 ヒラ・ラタン・マネク氏の意識レベルは【697ポイント】。

 

ヒラ・ラタン氏 HRM現象の実態

彼の妻Vimlaさんは「彼は毎朝必ず太陽をまばたきせずに一時間ほど凝視するの。 それが彼の主食なのよ。たまにコーヒー、お茶とか水分を取りながらね。」と話している。 そして昨年6月、米科学者らは氏が確かに130日間日光と水分だけで生きていることを確認し、科学者らはこの現象を氏の名前にちなんで"HRM現象"と名づけている。

マネク氏によれば、現在世界中には3000人程の日光を食べる人々が存在するという。 マネク氏曰く:

  • 「彼らは世界中にいますが、これはかつて、遠い昔に失われた科学の再生です。」

  • 食物を必要としない、新たな食事です。本来この手法はかつて精神的な修行の一部として行われていましたが、これは全く科学的な手法なんです。

  • 誰にだって行うことが出来るものです。

  • 目はいわばエネルギーを得る口となるわけです。

そして彼はその言に違うことなく、米国のジェファーソン大学、そしてNASAの科学者らの前で見事にその手法を実践してみせたのである。 NASAは氏のもつ特異な才能が宇宙探索における食料保存の問題に何かしらヒントを与えるのではと期待しているという。

 


Home  |  アセンション  |  シルバーバーチ  |   オーラ  |  UFO  |  神社  |  八つの法則  |   古代文明  |  まがたま

特定商取引表記  | リンク  | お問い合わせ  | プロフィール

 
 
 

Copyright © 2009-2015 jp-spiritual.com All rights reserved.