おかちゃん 岡田綱一のプロフィール 新百合ヶ丘在住です 

Fullmoon taken from Room    
    おかちゃん・プロファイル
   

ベランダからの満月写真

Home   アセンション   シルバーバーチ   オーラ   UFO   神社   八つの法則   古代文明   まがたま

 
 

おかちゃん・プロフィール What`s New

 
 
 
 

おかちゃんとは何者・プロフィール

このサイトは おかちゃんが 平成17年6月1日から運用を開始いたしました。 魚座のエネルギーから水瓶座アクエリアスの宇宙エネルギーに変わるこの節目の時代に精神的な価値・スピリチュアルな情報発信をすることが目的です。 

  • 氏名 : 岡田 綱一(おかだ・こういち)

  • 住まい: 川崎市麻生区 (もよりの駅は新百合ヶ丘です)

  • 生まれ: 1950年、11月 信州上田市

  • AIM (アジアン・インスチュチュート・マネージメント)卒業

  • 特徴: 

    • 背丈が186センチ、体重 74キロとこの年齢の日本人としては頭ひとつ高い

    • 寡黙といわれてきました、がこの頃はおしゃべりも楽しいことを発見

    • 血液型が「B型」つまりノー天気、我が道を行く

 
 
 
 

おかちゃん・現役時代は外資系を転々と

英語が大嫌いだった学生時代。 でも世の中の不思議現象、その一:外資系の企業に入社が決まってしまったのです。 それも畑違いの「船会社」、つまり貿易関係です。 外資系に入ってみて、肌が合うことに気が付きました。 外国人(デンマーク人)はとても背が高いのです。 胸を張って、言葉を交わすということを学びました。 

それまでの人生、背丈が高いということで、小さく、小さくなって、目立たないようにと振舞って いました。  この24歳の時に入ったデンマークの船会社が、着々と大きくなり、気が付くと、世界一の規模になってしまっていました。

46歳の時に転機が訪れました。 その後、中国系の商社に勤務。 この親会社が中国の投資会社。 当時の投資規模でいえば、世界一。 

その後49歳のときにまた転職して、勤めた会社がアメリカの航空貨物で有名ななF社でした。 どうやら、航空会社の規模では世界一であることをしりました。

 
 

 

英語が大嫌いだったのに、どういうわけか、外資系ばかりに勤務。

気が付けば、ヨーロッパ、アジア、アメリカの三大陸のそれぞれの世界一の規模の会社に勤務したことになっておりました。

とても似ていると言われています。

おかちゃんの似顔絵

作者「えんちゃん・大阪在住)

 

おかちゃん動画(チャネル登録)

https://youtu.be/1S05f1CfGHk

 
 
 
 

目に見えない世界・不思議現象

外資系の現役バリバリの生活に転機が訪れたのは2005年の6月でした。 会社で参加していた大きなプロジェクトが終了したタイミング。 朝出社すると、周りが「セピア色」に見えて、気が付くと「アメリカ人の上司に退職願のメール」を送信しておりました。  退職後の生活をどうしようとか、どやって稼ごうとかを全く考えずに退職したのでした。 F社の退職が2005年の6月末日。

思い起こせば、外資系の会社でのミッションは売上向上、利益追求で会社へ貢献すること。 現場では効率を求めるあまりに人間性を無視するようなことも目をつぶっていた のでした。 

Keikoさんとの遭遇:

F社を退職して、これからどうしよう、どうやって生活して行こうと迷っていたときです。 Keikoさんに、京都の烏丸四条のカフェで遭遇いたしました。 退職後10日目でした。  Keikoさんとおかちゃんの共通点があることにお互いに気づき、コラボレーション、ビジネスパートナーとして時々打合せをすることになりました。

Keikoとおかちゃんのメールマガジンをスタート、今日まで、週一プラス新月の日に配信してきました。 登録読者数は6万9千人、バックナンバーのページへのアクセスが月間3万ほどになっています。

不思議な人々

Keikoさんご自身も不思議な人なのですが、Keikoさんが次から次へと紹介してくれる人々が、今までのビジネスコテコテの世界から見ると、別世界。 神様の声が聞こえる女性、魂の声が聞こえるおばさん、宇宙船に乗って月まで行ってきた人等々。 驚きの世界が広がっていたのでした。

 
 
 

占星術師。翻訳家。ソウルメイト研究家

占星術に精通、宇宙のエネルギーを使って世の中をスイスイと渡っています。

Keikoさんも171センチとかなりの長身です

Ks Selectionの主催

 

 

KEIKOさん

   
 
 
 
 

おかちゃん・東日本大震災の経験

2009年の三月にご縁があり、福島県いわき市に引っ越しをいたしました。 川内村との境の小川町という美しいところに新しい家を建てて住みだしてすぐに、東日本大震災。 まるで、この「東日本大震災を経験しなさい」という天の声のようでした。 福島第一原発から直線距離にして32.5キロメータであることに愕然。 

いわき市、小川町の住んでいたところのすぐ近くに「大山祇神社」があり、巨石があることを偶然に発見して、地元のイワクラ、神社にも興味を持ちました。

 
 

福島県いわき市小川町の家からの眺め

 
 

丑倉の巨石(当時の自宅から車で7分)

 
 
 
 

おかちゃん・東経135度線上に住む

放射能汚染の問題があり、家族全員で兵庫県神戸市西区の西神中央に住むことになりました。 当時の住まいはマンションの最上階。 ベランダからは、神出の雄岡山、雌岡山がまるでシンメトリーのようによく見えるところでした。

東経135度にご縁をいただき、住まいの近くを散策すると、不思議なパワーを持つ目立たないけど、地元の人の崇敬を集めている神社が沢山あることを発見。 こまねに「足で歩いて、探索」。 これで生まれたのが「東経135度聖地情報」となりました。

 
 

東経135度に引っ越した先からの眺め 向かって右に雄岡山、左に雌岡山

 
 
 
 

おかちゃん・巡り巡って、新百合ヶ丘へ戻る

1990年から2009年まで住んだことがある「新百合ヶ丘」 子供達のふるさとはこの新百合ヶ丘なのです。 一度は田舎暮らしにあこがれて、福島県に住んだものの、2015年の5月に新百合ヶ丘に戻って参りました。  戻ってきたばかりのころ、あっ君は「懐かしい」「懐かしい」の言葉を連発。 

新百合ヶ丘は小田急線の新しい駅、このあたりは、開発前は多摩丘陵の「里山」でした。 いまでも、その当時の面影が残る神社、聖地があります。 せっせと、歩いて神社を周り、「川崎市・麻生区の神社と聖地」を作成しました。 

新百合ヶ丘の住まいを決めたときは、まるでエレベータに乗っているようなご縁を感じました。 必要な資金も沸いてきて、マンションの契約、リノベーション工事と無借金で行うことができたのは、この地元の神様 達のおかげと感謝しております。

 
 
 
 

いつも「あっくん」と一緒です  akkun

ご縁があって、我が家に生まれて来た「あっくん」、ダウン症という生まれつきの障害をもっています。 みかけは、三歳児のようです。 表現ができない、動作が遅い。 階段がうまれ降りれない。 言葉がよくわからない等々。 

意識レベルをみると、我が家ではダントツの一位。 その片鱗をあっくんの生活態度から垣間見ることができます。 それは、他人を優先して、自分はいつも一番「あと」。 そして、いつもこの笑顔で周りの人を癒してくれています。

なんといっても、一番はあっくんの傍にいるだけで「安心」「癒し」「パワーのチャージ」。 明るく、暖かい不思議なパワーを感じて、嬉しくなることです。

 
 

ダウン症のあっ君と楽しい日々を過ごしています。

https://www.youtube.com/watch?v=MCnhWawnGEE

 
 
 
 

おかちゃん関連サイト

ビジネスマンを退職してからの毎日は、いわば「オマケ」の人生。 日々、面白そうなところ、面白そうな人、不思議なパワーをもった場所などを探索しながら過ごしております。 その過程で、趣味のウェブページを作ること、パソコンを分解して作りることなどを通して、情報発信として次のようなウェブページが出来上がってきました。

 
 
 
 
 
 

動画配信 

沢山のウェブページを作ってきました。 その昔は、ウェブページの文字を一生懸命に読んでいた時代がありました。 歳を取ってきたせいでしょうか? 文字を読むことが面倒になって、どちらかというと、YouTubeの動画を見る機会が増えてきました。  画像と音声を同時に見て、聞けるのはとても簡単、そしてコンテンツさえよかったら、見た後の「満足感」もあります。 おかちゃんも動画配信を始めました。 (2018年の春ごろから)

 
 
 

チャネル登録

遠慮なくどうぞ!

 
 
 
 

Home  |  アセンション  |  シルバーバーチ  |   オーラ  |  UFO  |  神社  |  八つの法則  |   古代文明  |  まがたま

特定商取引表記  | リンク  | お問い合わせ  | プロフィール

 
 
 
 

Copyright © 2005-2018 Koichi Okada All rights reserved.