マヤ暦  マヤ暦2012年 ツォルキン暦  マヤ文明

 

マヤ暦

Home  |  アセンション  |  シルバーバーチ  |   オーラ  |  UFO  |  神社  |  八つの法則  |   古代文明  |  まがたま

 
     
 

マヤ暦・ロングカウントが終了しました(2012年12月21日)

2012年12月21日にて、End of the 13th Baktun in the Classic Maya Long Count Calendar、マヤ暦でいうところの13番目のバクトン、ロングカウントカレンダーが終了しました。 これは5125年の長周期の終了になるわけです。  このマヤ暦の終了によって、地球が新しい波動をもった素晴らしい星に生まれ変わるという、ひとつのお祝い・セレブレーションでもあるわけです。

 

 
 

古いエネルギーから新しいエネルギーの地球の生まれ変わります。 目を覚ませ、母なる大地、母なる地球、長いあいだ眠っていた全てよ目を覚ませ。 地球は大きなシフトを迎えています。 ポールシフトが起こりうることをマヤは語っています。

 
 
 

マヤ暦・映画「2012」の衝撃

2009年の末に公開されたハリウッド映画の「2012」のイメージは2012年の12月21日に何か天災的な地球の大変動がおこり、あたかも「人類最期の日・人類の滅亡」のような特別なことが起こる日と描かれております。  この映画のマヤ暦と関連付けてつくられています。

このページは次の情報を発信しております:

  • マヤとは(マヤ暦とマヤ文明)

  • 英国に現れたミステリーサークルとマヤ暦との関係

  • アステカ文明

  • アメリカのEarth Change Mediaから

  • 2012年とそれ以後のマヤの啓示(マヤ文明はETとのコネクションがあった)

  • マヤ暦の信実度(意識レベルから)

メルマガご案内

引き寄せ
デタッチ(執着を捨てる

 
 
 

マヤ暦とマヤ文明

マヤ文明は中南米のジャングルの中に巨大な石で出来たピラミッドを残し9世紀から10世紀ごろ、忽然とマヤの人々が消えてしまったとても不思議な文明です。   マヤ文明だけ海、川から遠く離れたジャングルの中で発達しました。 そして遺跡の中から出土するもので、マヤの人々は「マヤ暦」という独特のカレンダーを使っていたことが分りました。   この「マヤ暦」は現代の科学技術で解明された地球が太陽を回る「公転」、つまり一年を正確に割り出しているのです。 そして、このカレンダーが研究すればするほど、優れたものであることがわかって来ました。

 

マヤ暦を生んだマヤ文明は中米ユカタン半島にある

⇒ ツォルキン 暦とは


マヤ暦

以下は【古代マヤ暦の暗号】ツォルキン暦研究家 メムノシス・JR著からの引用です。

マヤが教えた時間の知識を得ることで、あなたはあなたの「本当の姿」を知ることが出来ます。 あなたが今、苦しみや悩みの中にいるとしたら、それは本当の自分の姿から外れていることが大きく関係しています。 自分の能力、本質、自分が生きる意味を知り、自分に合った生き方に戻ることで、人生の中にプログラムされている苦楽の波を乗り越えて、自分の使命をしっかりと自覚して、確かな歩みを生きるようになるでしょう。

また、マヤの時間を知るとともに、人間の存在についての基本的な知識を得ればあなたは本当の自分にめぐり合うことができるようになるでしょう。 私たち人間は、誰もが「心の刻印」を持って生まれてきます。 これは「心のDNA」と呼んでもいいかもしれません。 本当の自分の姿は、心の刻印が教えてくれます。 これこそが、マヤの時間の教えです。  それを知ることであなたは「未来」を読むことができるようになるでしょう。 

マヤ暦

 

おかちゃんのお勧め本

マヤ暦 お勧め本   

【古代マヤ暦の暗号】 

ツォルキン暦研究家 メムノシス・Jr著 ぶんか社

マヤ暦がわかりやすく解説されている本です。 貴方の座右の本となりますよ。


宇宙人からのメッセージ・イギリスに現れたミステリーサークル

  マヤ暦 マヤカレンダーと宇宙人

イギリスの南西部の田園地帯ウィルトシャーを中心に多発する謎のミステリーサークル(CROP CIRCLE)は1980年前後に初めて世間の注目を集めました。 その精緻な「ミステリー・サークル」はこのところ、そのますます精巧に複雑なものが一夜に出現することで注目を集めています。  まず、2004年と2005年に、「マヤ暦」に関するその予言と呼ばれるパターンのサークルが連続して出現、2006年にもマヤ暦関連のサークルが現れるだろうといわれていたところでした。

2006年8月15日、イギリスのウィルトシャー、イチルバンプトンの穀物畑に出現したミステリーサークルは、その大きさも驚きだったが、直径約60Mの円形の上に重なるように、差し渡し約90Mの星型が作られていました。

マヤ暦 マヤカレンダー ラマト LAMAT

LAMAT(ラマト)はマヤ暦・ツォルキン暦の8番目の日

 

2005年、イギリスのウィンランズ・スミシーに出現した「マヤカレンダー」と呼ばれてたミステリーサークルは、折りしも部分日食の真っ最中に現れていました。 まさしく「マヤ暦」を宇宙人が描いてくれたわけです。

マヤ暦 マヤカレンダー

2005年イギリスに出現した「マヤカレンダー」と呼ばれたミステリーサークル。

 

マヤ暦では2012年12月21日に時間が終わる?

マヤ暦でもうひとつ、忘れてはいけないことに 2012年のアセンションとの関係です。

マヤ暦のひとつの枠組みが長期暦で、「マヤの大周期」あるいは「13バクトゥン」と呼ばれる約5125年間の時間の枠組みがあります。 これは1日であるキン、20 キンの「月」であるウィナル、18ウィナルの「年」であるトゥン、更に20トゥンを1カトゥンとし、20カトゥンを1バクトゥンとする単位で構成され、計 187万2千日(13バクトゥン、グレゴリオ暦の365.2425日で割ると約5125年)の周期となっています。

古代のマヤの人々が使っていた長期暦の区切りが2012年であったということが真相のようです。 つまり見方を変えれば、次の長期暦が始まるということが答えのようです。  これに合わせて人間の意識の変換が起こるようです。


グレゴリオ暦とは

古代のバビロニア王朝っていうのも、現在のように物質至上主義にかたよりすぎてしまって崩壊してしまいました。 実はこの王朝で使われていた暦が、現代の我々が使っているグレゴリオ暦です。  それがキリスト教とともに日本に伝搬して本来の太陰暦ではなくてこの暦が使われるようになった。 グレゴリオ暦は一ヶ月が28日だったり、31日だったり非常に不規則になっていて、12ケ月で構成されて います。

暦というのは人間の深いところのリズムとともに関係するので、とっても大切なものです。 こよみというのは、己読(こよみ)、つまり、「己を読む」ということだから、 と言霊では言われている。 

おかちゃんは、グレゴリオ暦より、陰暦が日本人には合っているとおもいます。

⇒ 陰暦について


アステカ文明


マヤ文明の後を継いだアステカ文明が残した「大陽の暦石」がその日の到来を語っているのかもしれない。

アステカ文明 太陽の暦石(マヤ暦の後)




国立人類学博物館のアステカ室の正面に飾られた「大陽の暦石」。 古代アステカの人々の間で伝承されてきた物語に、「五つの大陽の伝説」がある。

この伝説は、過去に4つの大陽(世界)が滅び、その後に5番目の現代の大陽の時代がやってきたことを伝えている。  メキシコシティーの国立人類学博物館の代表的な展示物である、アステカのカレンダーストーン(大陽の暦石)には、4つの大陽と、中央に5番目の大陽の姿が刻まれており、「五つの大陽の伝説」を伝えている。

資料によって年数表記や表現内容に様々なバリエーションがあって、一定していないが、そのうちの一つは、5番目の文明に当たる現代文明が、マヤ暦の4アハウ8クムク、すなわち紀元前3114年8月13日の闇夜に始まり、4アハウ8カンキン、すなわち現代の暦の2012年12月2 2日に「地球の大変動」で破局を迎えると伝えている。

 
 
 
 

マヤ暦の終わりは世界の終わりではない

アメリカのEarth Change Mediaからの抜粋(マヤの長老・カオロス・バリオス氏のインタビュー)では「とくに何も起こらない」として各種の情報発信の自重をうながしている。

カオロス氏の言葉は:

近頃公開された「2012」の映画からマヤ暦とマヤ文明を誤解される事を大変憂いている。 このように人々に恐怖と心配の種をまいたことは残念である。 「第一に、マヤ暦の終わりを世界の終わりではない」 ことを強調したい。  2012年12月21日という特定の日に何かが起こるというわけではまったくない。 12月21日は19日や22日となんら変わらない普通の日として過ぎるであろう。 マヤ暦が終了しても、世界はそのまま続いて行くしわれわれの生活も続いて行く。 

しかしながら、これまでとは少し違った基盤になるという事です。

マヤ暦の終了日が表しているのは、変化が集中して起きる特定の日ではなく、変化が現れる全体の期間を指し示しているに過ぎない。 この変化の期間は、人類が調和を失ったとして創造主からの懲罰を受けるということでもない。 人間が精神的な成熟過程に入るために、これまでの生き方の方向を転換することが迫られるだけである。

人間には運命を自ら変える力が備わっている。未来の選択はわれわれ自身の手にゆだねられている。

 

 
 
 
 

2012年とそれ以後のマヤの啓示 (Revelations of the Mayans 2012 and Beyond)

現在、メキシコ、ガテマラ政府による全面的なバックアップのもとに、これまでにない画期的なマヤ文明を題材にしたドキュメンタリー映画が制作中です。 フアン・カルロス・ルルフォ監督による"Revelations of the Mayans 2012 and Beyond" (2012年とそれ以後のマヤの啓示)というドキュメンタリーを映画です。

この映画のテーマは、ズバリ

マヤ人たちが、宇宙人と交流していた」

この映画の製作に全面力しているメキシコ政府を代表して、ルイス・アウグスト・ガルシア・ロサド観光庁長官はマスコミのインタビューに対して次のようにコメントしている。 ここから ↓

「メキシコ政府がこれまで地下金庫に秘蔵していた古文書等を詳細に調査した結果、マヤ人が宇宙人と交流していた数々の証拠が発見された」と。 メキシコ政府はマヤとエイリアンの交流を示す重要な証拠となる出土品や古代の記録を、このドキュメンタリーで史上初の公開をする予定だ。

ここまで ↑



 

 
 
 
 

地球の大変動とは(Earth Change - Catastrophe)

2012年の12月にはいったい何が起こるのでしょうか?  たくさんの人(チャネラー)、予言者ETC.,がサムシング(何かが起こる)と言っております。  具体的にいったいなんでしょうか:

  • 人間の意識レベルが突然変わる(意識の次元上昇)

  • ポールシフト

  • キルショット・巨大太陽フレアの直撃

  • 銀河中心との直列

  • フォトンベルトへの突入

  • 3600年周期の二ビルが太陽系に戻ってくる

  • 人間の霊性の卒業試験(あるレベルに達してない人はアセンション出来ない)

  • 巨大カタストロフィ・天変地異が起こる

  • 三日・三晩の真っ暗闇が訪れる

  • 巨大隕石が降ってくる

  • 突然温暖化 ⇒ 氷河期が訪れる

  • 地球ごと銀河系のど真ん中に「テレポーテーション」する

  • 二つ目の太陽が現れる

  • ライトボディー化現象

  • etc., etc.,,,

と可能性はいっぱいあります。 上のどれが起こっても不思議ではありませんし、実際上シングルで起こるというよりは、絡まって次から次といろいろなことが起こる、、らしいのです。  いずれにしても、なにやら、地球誕生以来の「サプライズ」 が起こりそうということです。

 
 
 
 

意識レベル

大きな浄化の現象が地球規模で起こるわけですので、我々の意識に影響を与えてしまいます。 これが『恐れ』、『心配』、『怒り』、『葛藤』、、、、を招き結果的にはレベルを落としてしまいます。

意識レベルが低下しますと、意識の低いもの(フォース)を引き寄せてしまいますので注意が必要です。 マヤ暦の意識レベルを測定してみましたら「997ポイント」とほぼ最高値に近い数値が出ました。 つまりマヤ暦は宇宙と一体化している本物の情報と言えます。

こちらで 意識レベルことがよくわかります。

 

2012年のアセンション結局は

この サプライズ = 驚き は現代という時代に生をうけて、一大ビックイヴェントに立ち会うことが出来る幸せに「感謝」いたしましょう!

 

 
 

Home  |  アセンション  |  シルバーバーチ  |   オーラ  |  UFO  |  神社  |  八つの法則  |   古代文明  |  まがたま

 
     

Copyright © 2005 - 2009 Koichi Okada  All rights reserved.